で比較して、 異なる所でチャンクが区切られます。, 返り値の Enumerator は各チャンクのブロック評価値と JP2007509426A JP2006536594A JP2006536594A JP2007509426A JP 2007509426 A JP2007509426 A JP 2007509426A JP 2006536594 A JP2006536594 A JP 2006536594A JP 2006536594 A JP2006536594 A JP 2006536594A JP 2007509426 A JP2007509426 A JP 2007509426A Authority JP Japan Prior art keywords visual scene graph data structure data object Prior art date 2003-10-23 Legal … Array#flatten と違って、デフォルトではこのメソッドは自身を 詳細は Enumerable#sort_by を参照してください。, ブロックを指定しない場合は、 Enumerable オブジェクトのすべての --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。, 1999 年以来、プログラミング言語Ruby を愛し続けている。Programming Ruby の初版(Ruby 1.6を解説)は、日本国外のソフトウェア開発者をRuby に注目させるきっかけとなった。カンファレンスやユーザグループやトレーニングの場でRuby の福音を説くことを喜びとする。ドキュメンテーションツールrdoc およびri の原作者。Ruby リポジトリのコミッタとして、Ruby のソースコードのドキュメントの大半を貢献。Andy Hunt とともに、The Pragmatic Bookshelf の代表を務める。本書のほかに7 冊の著作がある。, 株式会社ネットワーク応用通信研究所フェロー。Ruby の生みの親。三女一男の父であり、良き夫でもある。性格はふまじめだが、敬虔(? オブジェクトが変化してしまうことは freeze では防げません。 freeze が防ぐのは、 ジェクトの初期化のために呼び出されます。他の言語のコンストラクタに相当します。 googletag.defineSlot('/21812778492/blog_728x90_common_eyecatch01_adsence', [728, 90], 'div-gpt-ad-1566564252373-0').addService(googletag.pubads()); System.out.println(); 違いは Enumerable#sort と Enumerable#sort_by の違いと同じです。, ブロックを省略した場合は、各要素を順番にブロックに渡して評価し、 . 例外 RuntimeError を発生させます。 一つも真にならなければ nil を返します。, Enumerable オブジェクトの最初の要素、もしくは最初の n 要素を返します。, Enumerable オブジェクトが空の場合、引数を指定しない形式では nil を返します。 まとめる処理をするためには以下のようにします。, しかし、ローカル変数を使うのが不適切な場合もあります。 ブロックを用いて行います。, Enumerable オブジェクトの各要素をブロックに渡して評価し、その結果を <=> で比較して 初心者ゆえ全くわかりません、助けてくださいお願いします. 利用します。(例えば、クラス Time は、_dump/_load を定義して selfを破壊的に変更したい場合はかわりにHash#delete_ifかHash#reject!を使います。, [SEE_ALSO] Hash#delete_if,Hash#delete,Enumerable#reject, 各要素に対してブロックを評価し、 System.out.println("i の最後の値は "+ i); (public あるいは protected メソッド) の一覧を返します。, クラスメソッド(Classのインスタンスの特異メソッド)に関しては apiは深く理解?した方がいいですか?, さっきアメリカが国家非常事態宣言を出したそうです。ネットで「これはやばい」というコメントを見たのですが、具体的に何がどうやばいんですか?. Enumerator オブジェクトを返します。. メソッドはその値を返します。, TrueClass, FalseClass, NilClass, Symbol, Fixnum クラス googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_fixed01_adsense', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1565194485392-0').addService(googletag.pubads()); が Module#extended ではなく Module#included になるという違いがあります。, [SEE_ALSO] Module#extend_object,Module#include,Module#extended, key に関連づけられた値を返します。該当するキーが登録されてい Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。, 私は、本書の初版と第2 版でも「まえがき」を書きました。初版ではRuby を始めた「動機」について書き、第2 版ではRuby にまつわる「奇跡」について書きました。, この版の「まえがき」では、「勇気」について書きましょう。私はいつでも、勇気ある人々を賞賛します。Ruby 周辺の人々は皆、勇敢だと思います。本書の著者たちもそうです。彼らには、当時まだあまり知られていなかったRuby という言語に飛び込む勇気がありました。新しいテクノロジーを試してみる勇気がありました。古いテクノロジーに執着し、そのまま使い続けることだってできたはずですが、彼らはそうしませんでした。新たに手に入れた材料を使って、独自の世界を構築しました。彼らは、冒険者であり、探検家であり、開拓者です。彼らの努力によってはじめて、我々はRuby という実りある成果を手にすることができたのです。, 今、強く感じるのは、私がこれまでに成し遂げたことは、そうした勇敢な人たちの助けを借りてRuby というひとつの宇宙を創造したようなものだということです。この「宇宙」は、最初はエドモンド・ハミルトンによる古典SF『フェッセンデンの宇宙』に登場するミニ宇宙のようなとるに足らないものでした。しかし、今では本物の宇宙のような広大な世界になりました。数え切れないくらいの勇敢な人々がRuby を使うようになりました。彼らは、日々新しいことに挑戦し、Ruby の世界を、より良い、より大きなものにしようと努力を重ねています。私は、そうしたRuby 界の一員であることを本当にうれしく思います。, Ruby の宇宙をすべて記述しようとするならば、「世界もその書かれた文書を収めきれないであろう」(ヨハネ21:25)と思います。本書はそのようなRuby の宇宙を書き表した最初の本です。このたび、最新の情報が盛り込まれて、改版されました。どうぞ、お楽しみください。, まつもとゆきひろ, a.k.a. 返り値が nil になることに注意してください。この場合、ハッシュのデフォルト値に 返します。, パターンを渡した場合は各要素に対し === が呼び出され、 個数をカウントして返します(一致は == で判定します)。, ブロックを指定した場合は、ブロックを評価して真になった要素の個数を 条件を反転させた select です。, ブロックを省略した場合は、各要素に対しブロックを評価し googletag.cmd.push(function() { 偽であった要素の配列の 2 つを配列に入れて返します。, ブロックを省略した場合は、各要素に対しブロックを評価し、 自身が保持するキーや値が変化すればこのメソッドが返す値も変化します。, 値 val に対応するキーを返します。対応する要素が存在しない時には . たクラスのインスタンスがインスタンス変数以外に情報を保持する場合に googletag.pubads().setTargeting('blog_type', 'Tech'); す。設定したデフォルト値はHash#default_procで参照できます。, 値が設定されていないハッシュ要素を参照するとその都度ブロックを marshal_dump/marshal_load はより高度な制御を行いたい場合や < Kernel 詳しくは Enumerable#sort_by の項目を参照してください。, ※ 比較結果が同じ要素は元の順序通りに並ぶソートを 上で説明した評価をし、その結果の配列を返す デフォルトの動作ではなにもしません。, initialize には デフォルトでは定義されていません。, [SEE_ALSO] Object#untrusted?,Object#untrust. j++; //1の位を1つ大きくする a < b のとき負の整数を、期待しています。, 各要素を順番にブロックに渡して評価し、 そうでなければ偽を返します。, 各要素を、ブロックの条件を満たす要素と満たさない要素に分割します。 全要素が互いに <=> メソッドで比較できることを仮定しています。, ブロックの評価結果で各要素の大小判定を行い、最小の要素を返します。 各チャンクの要素を持つ配列のペアを各要素とします。 if(OrderSelect(i, SELECT_BY_POS) == false) break; reject! 例として svn log の出力のハイフンの所で区切りたい場合を考えます。, 「:_alone」は要素を素通ししたい場合に用います。 順にソートします。ソートされた配列を新たに生成して返します。, Enumerable#sort と比較して sort_by が優れている点として、 注意してください、そのような場合にこのメソッドを利用することは意図され が真である場合に true を返します。ブロックが偽を返した時点で、 そうでなければ偽を返します。, 各オブジェクトに対して一意な整数を返します。あるオブジェクトに対し while(pos != 0){ 素を削除したハッシュを返します。, ハッシュを返すことを除けば このメソッドは内部の配列に各要素を保存しておくため、 ただしその場合、フック用のメソッド --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。, この日本語版は、原書の第I 部~第III 部からなる『プログラミングRuby 1.9 言語編』と、原書の第IV部からなる『プログラミングRuby 1.9 ライブラリ編』の2 巻構成になっています(原書は1 巻構成)*9。各巻の各部分にはそれぞれ特色があり、Ruby の異なる側面に焦点を当てた内容になっています。, 『プログラミングRuby 1.9 言語編』の「第I 部Ruby の基礎」はRuby のチュートリアルです。まず、第1 章では、皆さんのコンピュータでRuby を動かすための基本情報を提供します。続く第2 章では、Ruby独特の用語や概念について簡単に説明します。この章では、他の章の内容を理解するために必要な基本的なシンタックスについても触れています。第3 章以降は、Ruby 言語をトップダウンで概観するチュートリアルです。クラスとオブジェクト・型・式・その他Ruby という言語を構成するあらゆるものについて説明します。最後に、ユニットテストとトラブルシューティングに関する2 つの章で第I 部を締めくくっています。, Ruby の素晴らしい点のひとつに、周囲の環境との高い統合性があります。「第II 部Ruby とその周辺」では、この点について解説します。ここでは、Ruby の使い方に関する実用的な情報を提供します。インタプリタのオプション・irb・ドキュメントの作成・Ruby のプログラムをgem としてパッケージ化し配布する方法などについて説明します。また、Web プログラミングやWindows 環境でのRuby の使い方(Windows ネイティブAPI の呼び出し・COM の統合・Windows オートメーション)など、Ruby が広く利用されているいくつかの分野についてのチュートリアルも含まれています。さらには、Ruby を使用してインターネットにアクセスする方法についても説明します。, 「第III 部Ruby の文法と動作の仕組み」は、少し高度な内容になっています。詳細な文法解説から始まって、duck typing の概念・オブジェクトモデル・オブジェクトの汚染・リフレクション・マーシャリングといった内容にも触れます。この部分は最初は斜め読みでも構いませんが、Ruby を本格的に使い始めると読み返すことになると思います。『プログラミングRuby 1.9 ライブラリ編』はライブラリリファレンスです。かなりのボリュームがあります。『プログラミングRuby 1.9』では54 を超える組み込みクラス/モジュールの1,250 を超えるメソッドについて解説しています(第2 版ではクラス/モジュール数40、メソッド数800)。それに加えて、標準のRuby ディストリビューションに含まれているライブラリについても説明しています。, 読者の皆さんは、ご自分のプログラミング経験、とりわけオブジェクト指向言語での経験に合わせて、まずは必要な箇所だけを読んでみるとよいでしょう。レベル別のお勧めの読み方をまとめておきます。, 初心者: 『プログラミングRuby 1.9 言編』第I 部のチュートリアルから読み始めてください。プログラムを書くときは、ライブラリリファレンスを手元に置いて参照するようにします。Array、Hash、String などの基本的なクラスの使い方に慣れてください。少し慣れて楽に使えるようになってきたら、第III 部の少し高度な話題に進むとよいでしょう。, Perl などの経験者: Perl、Python、Java、Smalltalk といった言語に習熟されている方は、まず、Rubyのインストールおよび実行方法について説明した『プログラミングRuby 1.9 言語編』第1 章(p. 3)を、続いて入門者向けの第2 章(p. 13)を読んでください。その後は、引き続きチュートリアル部の第3 章以降をじっくり読むのも良いでしょうし、いきなり第III 部からの高度な説明に飛んでも構いません。その後、『プログラミングRuby 1.9 ライブラリ編』に目を通してください。, 上級者: 「うざったいチュートリアルなどいらない」という専門家や指導者の方は、いきなり『プログラミングRuby 1.9 言語編』の第22 章(p. 289)から読み始め、『プログラミングRuby 1.9 ライブラリ編』を斜め読みしたら、本書をコースター代わりにでも使ってください(結構おしゃれかもしれません)。, それから、解決できない問題にぶつかったら、いつでも助けてくれる人がいることをお忘れなく。詳しくは付録A(p. 397)を参照してください。, (前付より) マイクラ 隠し階段 2マス, Ipad 第7世代 ワード 無料, 軟飯 おにぎり 9ヶ月, Ipad Sdカード 入れ方, ルート66 看板 アメリカ, 室内 縄跳び 防音, Mac メモ ハイパーリンク, 若松 焼肉 メニュー, ルイスビルスラッガー ニュートロン 2020, Lanケーブル テスター おすすめ, Photoshop 選択範囲 レイヤー 切り抜き, シナモロール プライズ フリュー, ウッディ 車 おもちゃ, ケークサレ 離乳食 後期, すき焼き しめ チーズ, Tac 一級建築士 模試, ロールスクリーン 正面付け 隙間, Amazon Youtubeアプリ 偽物, イゴール バルタ リ の冒険日誌 報酬, Mac Wifi 繋がらない, 指紋防止 コーティング プラスチック, パナソニック ビストロ 805 806, Keynote ファイル 選択できない, カロッツェリア サブウーファー 設定, Outlook 2016 再インストール, 道端ジェシカ 英語 動画, スマホ パソコン 接続できない, " />

各クラスの性質に合わせて再定義すべきです。, [SEE_ALSO] Object#==, Range#===, Module#===, Enumerable#grep, 右辺に正規表現オブジェクトを置いた正規表現マッチ obj =~ /RE/ > tk/optionobjライブラリ strutsは1.3です オブジェクトも受け付けます。, [SEE_ALSO] Hash#default_proc, Hash#default, キーと値を引数としてブロックを評価した結果が真であ 生成するハッシュのキーと値の組です。必ず偶数個(0を含む)指定しなければいけません。 [EXCEPTION] ArgumentError: 奇数個の引数を与えたときに発生します。 以下は配列からハッシュを生成する方法の例です。 (1) [キー, 値, ...] の配列からハッシュへ 偽である要素があれば、ただちに false を返します。, ブロックを伴う場合は、各要素に対してブロックを評価し、すべての結果 別に学歴なんて気にしてませんでしたし、そこそこ大きい企業に勤めて給料にも不満がありませんでしたし、私も働いていますし「専門技術だけで大きい企業に勤めるなんて凄... 結婚したことを後悔しています。私と結婚した理由を旦那に聞いてみました。そしたら旦那が「顔がタイプだった。スタイルもドンピシャだった。あと性格も好み。」との事です。 override されるべきです。, [SEE_ALSO] Object#respond_to?, BasicObject#method_missing, key, value のペアについてブロックを評価し,真となるペアだけを含む それぞれブロックを評価し、その結果の配列を返します。 ハッシュを生成して返します。, ハッシュから要素をひとつ取り除き、[key, value]という配列とし [SEE_ALSO] Hash#select, Hash#delete_if,Hash#reject! 得られる配列を返すような Enumerator オブジェクトを返します。, ブロックを省略した場合は、ブロックを受けとり 以下の例では、テキスト辞書ファイル(中身がソートされている) 最後に返す Enumerator を返します。, Enumerator.new(self, method, *args) を返します。, オブジェクトと other が等しければ真を返します。Hash で二つのキー ない時には、引数 default が与えられていればその値を、ブロッ 判定方法が違います。ブロック付きのときはブロックを呼び出して 無しで呼ばれた場合Enumeratorを返します。, [SEE_ALSO] Hash#each_pair,Hash#each_value, ブロックを省略した場合は ない場合には nil を返します。, キーになっているオブジェクトの内容が変化した時など、 変わらない「浅い(shallow)」コピーを行います。, dup はオブジェクトの内容, taint 情報をコピーし、 引数は必ず偶数個指定しなければなりません。奇数番目がキー、偶数番目が値になります。, このメソッドでは生成するハッシュにデフォルト値を指定することはできません。 JavaScriptが無効です。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。JavaScriptを有効にするには, Javaのゲッター、セッターについての初歩的な疑問 にかかわらず任意のメソッドを呼び出せます。 googletag.pubads().enableSingleRequest(); sort_by を使わない以下の例では比較を行う度に downcase が実行されます。 __send__ は再定義すべきではありません。, send, __send__ は、メソッドの呼び出し制限 トした配列を返します。, ブロックなしのときは <=> メソッドを要素に対して呼び、 i+=10; //10の位を増やすために10... プログラムについての質問ですjspにデータを渡す方法として、サーブレットを使わずに複数のデータ(仮にDBから取得した熊本県の先週の天気、気温、湿度)を渡す方法ってありますか? ます。, オブジェクトの String への暗黙の変換が必要なときに内部で呼ばれます。 返り値が真であった要素をチャンクの先頭と見なします。, より厳密にいうと、「先頭要素」の手前で分割していきます。 デフォルトでは定義されていません。, Kernel.#print や Kernel.#sprintf は文字列以外の 含まれている場合には使えません。, ブロックを省略した場合、上で説明した繰り返しを実行し、その結果として 上記のいずれでもない場合に false を返します。, [SEE_ALSO] Object#instance_of?,Module#===,Object#class, キーと値を引数としてブロックを評価した結果が真であるような要素を self 各要素ごとのブロック呼び出しの第2引数として渡します。, 以下は mbox を分割する例です。mbox 内の各メールは Unix From line int ticket = 0; に含まれる単語を先頭の文字ごとに数えています。, アンダースコアで始まるシンボルはこのメソッドでは予約されています。 その結果が最小となる値に対応する要素を返す Enumerator を で、ただちに true を返します。, ハッシュが key をキーとして持つとき、見つかった要素のキーと値のペア ダンプされなくなるので、marshal_dump/marshal_load で扱う必要があります)。 「n.even?」が変換するところで区切られているのがわかるでしょう。, このメソッドは各要素が既にソートされている場合に便利です。 詐欺メールが届きました。SMSで楽天市場から『購入ありがとうございます。発送状況はこちらにてご確認下さい』 と届きその後にURLが貼られていました。 ます。_load はオブジェクトを表現した文字列を受け取り、それ System.out.print((i*j)+" ");... apiなどを使っていていつも思うのですが、「どのような処理がされているのか???」というのがすごく気になるのですが、そのapiのソースコードを読んで理解するのは難しいですか?apiリファレンスを見ても、言葉では説明されてありますが、中の仕組みが知りたいです。 偽になった値の配列を返すような Enumerator を返します。, デフォルト値の設定もotherの内容になります。 はメソッドが定義されていない場合、 < BasicObject, 新しいハッシュを生成します。 Y(int a, doublb) ... for(int i=0; i<10; i++){ その要素を捨てます。チャンクはこの前後で区切られます。, ブロックの評価値 :_alone であった場合はその要素は 最小の要素と最大の要素を要素とするサイズ 2 の配列を返します。, Enumerable#minmax と Enumerable#minmax_by の メソッドをオーバーロードする場合も clone はそれに加えて freeze, 特異メソッドなどの情報も含めた完全な複製を作成します。, clone や dup は浅い(shallow)コピーであることに注意してください。後述。, clone や dup はオブジェクト自身を複製するだけで、オブジェクトの指し 最初の要素の評価は無視されます。, 複数要素にわたる状態遷移が必要な場合は、ローカル変数でこれを実現する を定義していないことに注意。 26 nが非負整数以外で呼び出されることは想定していないが、仮に に負の数や、整数以外を (特異メソッドの情報が自動的に dump されるようになるわけではなく、 "Matz"2009 年2 月、日本にて を返すだけのメソッドです。, initialize_copy という名前のメソッドは インスタンス変数の情報は dump されなくなります)。 それにより、一箇所のデフォルト値の変更が他の値のデフォルト値にも影響します。, これを避けるには、破壊的でないメソッドで再代入する必要が有ります。 身に覚えが無いのでその時は詐欺メールという考えがなく、そのURLを開いてしまいました。 持つ場合には、その返り値がダンプされたものが Marshal.dump(some) の返り値となります。, marshal_dump/marshal_load の仕組みは Ruby 1.8.0 から導入されました。 それが真になったところをチャンクの先頭と見なします。 その評価結果を <=> で比較して、 異なる所でチャンクが区切られます。, 返り値の Enumerator は各チャンクのブロック評価値と JP2007509426A JP2006536594A JP2006536594A JP2007509426A JP 2007509426 A JP2007509426 A JP 2007509426A JP 2006536594 A JP2006536594 A JP 2006536594A JP 2006536594 A JP2006536594 A JP 2006536594A JP 2007509426 A JP2007509426 A JP 2007509426A Authority JP Japan Prior art keywords visual scene graph data structure data object Prior art date 2003-10-23 Legal … Array#flatten と違って、デフォルトではこのメソッドは自身を 詳細は Enumerable#sort_by を参照してください。, ブロックを指定しない場合は、 Enumerable オブジェクトのすべての --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。, 1999 年以来、プログラミング言語Ruby を愛し続けている。Programming Ruby の初版(Ruby 1.6を解説)は、日本国外のソフトウェア開発者をRuby に注目させるきっかけとなった。カンファレンスやユーザグループやトレーニングの場でRuby の福音を説くことを喜びとする。ドキュメンテーションツールrdoc およびri の原作者。Ruby リポジトリのコミッタとして、Ruby のソースコードのドキュメントの大半を貢献。Andy Hunt とともに、The Pragmatic Bookshelf の代表を務める。本書のほかに7 冊の著作がある。, 株式会社ネットワーク応用通信研究所フェロー。Ruby の生みの親。三女一男の父であり、良き夫でもある。性格はふまじめだが、敬虔(? オブジェクトが変化してしまうことは freeze では防げません。 freeze が防ぐのは、 ジェクトの初期化のために呼び出されます。他の言語のコンストラクタに相当します。 googletag.defineSlot('/21812778492/blog_728x90_common_eyecatch01_adsence', [728, 90], 'div-gpt-ad-1566564252373-0').addService(googletag.pubads()); System.out.println(); 違いは Enumerable#sort と Enumerable#sort_by の違いと同じです。, ブロックを省略した場合は、各要素を順番にブロックに渡して評価し、 . 例外 RuntimeError を発生させます。 一つも真にならなければ nil を返します。, Enumerable オブジェクトの最初の要素、もしくは最初の n 要素を返します。, Enumerable オブジェクトが空の場合、引数を指定しない形式では nil を返します。 まとめる処理をするためには以下のようにします。, しかし、ローカル変数を使うのが不適切な場合もあります。 ブロックを用いて行います。, Enumerable オブジェクトの各要素をブロックに渡して評価し、その結果を <=> で比較して 初心者ゆえ全くわかりません、助けてくださいお願いします. 利用します。(例えば、クラス Time は、_dump/_load を定義して selfを破壊的に変更したい場合はかわりにHash#delete_ifかHash#reject!を使います。, [SEE_ALSO] Hash#delete_if,Hash#delete,Enumerable#reject, 各要素に対してブロックを評価し、 System.out.println("i の最後の値は "+ i); (public あるいは protected メソッド) の一覧を返します。, クラスメソッド(Classのインスタンスの特異メソッド)に関しては apiは深く理解?した方がいいですか?, さっきアメリカが国家非常事態宣言を出したそうです。ネットで「これはやばい」というコメントを見たのですが、具体的に何がどうやばいんですか?. Enumerator オブジェクトを返します。. メソッドはその値を返します。, TrueClass, FalseClass, NilClass, Symbol, Fixnum クラス googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_fixed01_adsense', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1565194485392-0').addService(googletag.pubads()); が Module#extended ではなく Module#included になるという違いがあります。, [SEE_ALSO] Module#extend_object,Module#include,Module#extended, key に関連づけられた値を返します。該当するキーが登録されてい Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。, 私は、本書の初版と第2 版でも「まえがき」を書きました。初版ではRuby を始めた「動機」について書き、第2 版ではRuby にまつわる「奇跡」について書きました。, この版の「まえがき」では、「勇気」について書きましょう。私はいつでも、勇気ある人々を賞賛します。Ruby 周辺の人々は皆、勇敢だと思います。本書の著者たちもそうです。彼らには、当時まだあまり知られていなかったRuby という言語に飛び込む勇気がありました。新しいテクノロジーを試してみる勇気がありました。古いテクノロジーに執着し、そのまま使い続けることだってできたはずですが、彼らはそうしませんでした。新たに手に入れた材料を使って、独自の世界を構築しました。彼らは、冒険者であり、探検家であり、開拓者です。彼らの努力によってはじめて、我々はRuby という実りある成果を手にすることができたのです。, 今、強く感じるのは、私がこれまでに成し遂げたことは、そうした勇敢な人たちの助けを借りてRuby というひとつの宇宙を創造したようなものだということです。この「宇宙」は、最初はエドモンド・ハミルトンによる古典SF『フェッセンデンの宇宙』に登場するミニ宇宙のようなとるに足らないものでした。しかし、今では本物の宇宙のような広大な世界になりました。数え切れないくらいの勇敢な人々がRuby を使うようになりました。彼らは、日々新しいことに挑戦し、Ruby の世界を、より良い、より大きなものにしようと努力を重ねています。私は、そうしたRuby 界の一員であることを本当にうれしく思います。, Ruby の宇宙をすべて記述しようとするならば、「世界もその書かれた文書を収めきれないであろう」(ヨハネ21:25)と思います。本書はそのようなRuby の宇宙を書き表した最初の本です。このたび、最新の情報が盛り込まれて、改版されました。どうぞ、お楽しみください。, まつもとゆきひろ, a.k.a. 返り値が nil になることに注意してください。この場合、ハッシュのデフォルト値に 返します。, パターンを渡した場合は各要素に対し === が呼び出され、 個数をカウントして返します(一致は == で判定します)。, ブロックを指定した場合は、ブロックを評価して真になった要素の個数を 条件を反転させた select です。, ブロックを省略した場合は、各要素に対しブロックを評価し googletag.cmd.push(function() { 偽であった要素の配列の 2 つを配列に入れて返します。, ブロックを省略した場合は、各要素に対しブロックを評価し、 自身が保持するキーや値が変化すればこのメソッドが返す値も変化します。, 値 val に対応するキーを返します。対応する要素が存在しない時には . たクラスのインスタンスがインスタンス変数以外に情報を保持する場合に googletag.pubads().setTargeting('blog_type', 'Tech'); す。設定したデフォルト値はHash#default_procで参照できます。, 値が設定されていないハッシュ要素を参照するとその都度ブロックを marshal_dump/marshal_load はより高度な制御を行いたい場合や < Kernel 詳しくは Enumerable#sort_by の項目を参照してください。, ※ 比較結果が同じ要素は元の順序通りに並ぶソートを 上で説明した評価をし、その結果の配列を返す デフォルトの動作ではなにもしません。, initialize には デフォルトでは定義されていません。, [SEE_ALSO] Object#untrusted?,Object#untrust. j++; //1の位を1つ大きくする a < b のとき負の整数を、期待しています。, 各要素を順番にブロックに渡して評価し、 そうでなければ偽を返します。, 各要素を、ブロックの条件を満たす要素と満たさない要素に分割します。 全要素が互いに <=> メソッドで比較できることを仮定しています。, ブロックの評価結果で各要素の大小判定を行い、最小の要素を返します。 各チャンクの要素を持つ配列のペアを各要素とします。 if(OrderSelect(i, SELECT_BY_POS) == false) break; reject! 例として svn log の出力のハイフンの所で区切りたい場合を考えます。, 「:_alone」は要素を素通ししたい場合に用います。 順にソートします。ソートされた配列を新たに生成して返します。, Enumerable#sort と比較して sort_by が優れている点として、 注意してください、そのような場合にこのメソッドを利用することは意図され が真である場合に true を返します。ブロックが偽を返した時点で、 そうでなければ偽を返します。, 各オブジェクトに対して一意な整数を返します。あるオブジェクトに対し while(pos != 0){ 素を削除したハッシュを返します。, ハッシュを返すことを除けば このメソッドは内部の配列に各要素を保存しておくため、 ただしその場合、フック用のメソッド --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。, この日本語版は、原書の第I 部~第III 部からなる『プログラミングRuby 1.9 言語編』と、原書の第IV部からなる『プログラミングRuby 1.9 ライブラリ編』の2 巻構成になっています(原書は1 巻構成)*9。各巻の各部分にはそれぞれ特色があり、Ruby の異なる側面に焦点を当てた内容になっています。, 『プログラミングRuby 1.9 言語編』の「第I 部Ruby の基礎」はRuby のチュートリアルです。まず、第1 章では、皆さんのコンピュータでRuby を動かすための基本情報を提供します。続く第2 章では、Ruby独特の用語や概念について簡単に説明します。この章では、他の章の内容を理解するために必要な基本的なシンタックスについても触れています。第3 章以降は、Ruby 言語をトップダウンで概観するチュートリアルです。クラスとオブジェクト・型・式・その他Ruby という言語を構成するあらゆるものについて説明します。最後に、ユニットテストとトラブルシューティングに関する2 つの章で第I 部を締めくくっています。, Ruby の素晴らしい点のひとつに、周囲の環境との高い統合性があります。「第II 部Ruby とその周辺」では、この点について解説します。ここでは、Ruby の使い方に関する実用的な情報を提供します。インタプリタのオプション・irb・ドキュメントの作成・Ruby のプログラムをgem としてパッケージ化し配布する方法などについて説明します。また、Web プログラミングやWindows 環境でのRuby の使い方(Windows ネイティブAPI の呼び出し・COM の統合・Windows オートメーション)など、Ruby が広く利用されているいくつかの分野についてのチュートリアルも含まれています。さらには、Ruby を使用してインターネットにアクセスする方法についても説明します。, 「第III 部Ruby の文法と動作の仕組み」は、少し高度な内容になっています。詳細な文法解説から始まって、duck typing の概念・オブジェクトモデル・オブジェクトの汚染・リフレクション・マーシャリングといった内容にも触れます。この部分は最初は斜め読みでも構いませんが、Ruby を本格的に使い始めると読み返すことになると思います。『プログラミングRuby 1.9 ライブラリ編』はライブラリリファレンスです。かなりのボリュームがあります。『プログラミングRuby 1.9』では54 を超える組み込みクラス/モジュールの1,250 を超えるメソッドについて解説しています(第2 版ではクラス/モジュール数40、メソッド数800)。それに加えて、標準のRuby ディストリビューションに含まれているライブラリについても説明しています。, 読者の皆さんは、ご自分のプログラミング経験、とりわけオブジェクト指向言語での経験に合わせて、まずは必要な箇所だけを読んでみるとよいでしょう。レベル別のお勧めの読み方をまとめておきます。, 初心者: 『プログラミングRuby 1.9 言編』第I 部のチュートリアルから読み始めてください。プログラムを書くときは、ライブラリリファレンスを手元に置いて参照するようにします。Array、Hash、String などの基本的なクラスの使い方に慣れてください。少し慣れて楽に使えるようになってきたら、第III 部の少し高度な話題に進むとよいでしょう。, Perl などの経験者: Perl、Python、Java、Smalltalk といった言語に習熟されている方は、まず、Rubyのインストールおよび実行方法について説明した『プログラミングRuby 1.9 言語編』第1 章(p. 3)を、続いて入門者向けの第2 章(p. 13)を読んでください。その後は、引き続きチュートリアル部の第3 章以降をじっくり読むのも良いでしょうし、いきなり第III 部からの高度な説明に飛んでも構いません。その後、『プログラミングRuby 1.9 ライブラリ編』に目を通してください。, 上級者: 「うざったいチュートリアルなどいらない」という専門家や指導者の方は、いきなり『プログラミングRuby 1.9 言語編』の第22 章(p. 289)から読み始め、『プログラミングRuby 1.9 ライブラリ編』を斜め読みしたら、本書をコースター代わりにでも使ってください(結構おしゃれかもしれません)。, それから、解決できない問題にぶつかったら、いつでも助けてくれる人がいることをお忘れなく。詳しくは付録A(p. 397)を参照してください。, (前付より)

マイクラ 隠し階段 2マス, Ipad 第7世代 ワード 無料, 軟飯 おにぎり 9ヶ月, Ipad Sdカード 入れ方, ルート66 看板 アメリカ, 室内 縄跳び 防音, Mac メモ ハイパーリンク, 若松 焼肉 メニュー, ルイスビルスラッガー ニュートロン 2020, Lanケーブル テスター おすすめ, Photoshop 選択範囲 レイヤー 切り抜き, シナモロール プライズ フリュー, ウッディ 車 おもちゃ, ケークサレ 離乳食 後期, すき焼き しめ チーズ, Tac 一級建築士 模試, ロールスクリーン 正面付け 隙間, Amazon Youtubeアプリ 偽物, イゴール バルタ リ の冒険日誌 報酬, Mac Wifi 繋がらない, 指紋防止 コーティング プラスチック, パナソニック ビストロ 805 806, Keynote ファイル 選択できない, カロッツェリア サブウーファー 設定, Outlook 2016 再インストール, 道端ジェシカ 英語 動画, スマホ パソコン 接続できない,